期間工の志望動機の例は?どんなことを書いて、何を言うの?

 

期間工になりたいと思っても、実際に誰でもなれるというわけではなく、履歴書を提出して面接を受けて合格することが必要になってきます。

 

でも、そこまで期間工の仕事に対して憧れを持っていたり、強い志望動機を持っているという人はいないはずです。

 

それでは具体的に志望動機としてはどのようなものを用意しているのでしょうか?

 

 

期間工を受ける人達のレベルについて

 

期間工に合格できるかどうか、というところですが、一般的に考えて期間工にそんなに高いレベルの人達が応募してくるとは考えにくいです。

 

そこまで仕事レベルが高いのであれば期間工ではなく正社員の道にいくということになりますし、大半の人が何らかの事情があってお金が欲しいということだと考えます。

 

中にはとにかく車が好きで、どんな職種でもいいから車に携わりたい、なんて人もいるかもしれませんが、本当に車が好きであればメーカーの正社員は難しくても、販売会社や中古車屋、レンタカー等関連企業はたくさんあります。期間工になりたいなんて志望してくる人はごくごく少数でしょう。

 

そんなに高いレベルを要求されるわけはありませんので、心配をせずに受けてみてください。

 

 

履歴書はどう書くか


期間工の履歴書はどう書けばいいのでしょうか。
特に一般的な履歴書は決まりきったことがほとんどで、特別に悩むようなところはありません。

 

問題は志望動機のところです。
ここにどう書いたら採用されやすいのか、どう書いたらNGなのかは迷うところです。そうはいっても本当に正直に書いてもいいですし、どう書いても相性や人数の都合上落ちるということはあります。

 

NGなこととしては露骨に正社員志望を書いてしまうということです。
面接の場で可能性の一つとして出すのはありかもしれませんが、書類で正社員志望をアピールする必要はないかもしれません。

 

その時々の募集状況にもよりますが、期間工は結果として正社員になるパターンはあっても、正社員を前提とした働き方を求めているわけではないのです。
あくまで有期契約でやるからこそ期間工というもの。

 

いきなり期間工の前提をひっくり返すような話も微妙でしょう。

 

後はなるべく続けてもらうことを前提としたいので、すぐに辞めるような雰囲気が見えるもの。本当は他のことをやりたいけどお金が足りないのでイヤイヤやっている、そういったことが見えないようにしましょう。

 

お金を稼ぎたいということ自体はもともとそういう目的の人が大半なので書いてしまってもいいと思います。
書類では言わなくてもいい本音というのもあります。

 

書類で厳しい選考を勝ち抜くというものではありませんので、書類はあくまで無難に差しさわりがなく続けてくれそうだという内容でいいでしょう。

 

 

面接の場での志望動機は?

 

期間工の面接の場の志望動機はどう言えばいいのでしょうか。
この場においては書類とは異なり、実際に対面しての話になりますので、お金が必要という話もしてしまっても構いません。

 

実際には会話の一つ一つのやり取りの上手さを見るのではなく、全体的なその人の雰囲気を見て、しっかりとやってくれるのか、続けてくれるのかを見るという感じになるかと想定できます。

 

そんなに面接のやり取りが上手くなくても営業職でもありませんし、管理職でもありませんので大丈夫です。

 

ただ、あまりにも遊ぶ金欲しさというような空気を出してしまうと、不真面目な人に思われる、すぐ辞めるんじゃないかと思われるリスクもあります。

 

お金が必要であれば、真面目な理由を用意して、生活のためであったり、将来のため、結婚資金、転職資金、資格取得のための資金等としておきましょう。

 

無理に嘘をつく必要はありませんが、誠実でないととらえられるのはNGです。面接官にある程度しっかりした人だと思われて、人数の都合がある場合に他の人と比べてどう見えるかというところがわかればいいかなと考えられます。

 

体力アピールは重要!

 

期間工の仕事の場合、どこに配属になるかというところは運次第ですが、体力がいるような場所もあるわけです。

 

そんなにキツすぎるということは考えにくいですが、あまりにもひ弱と思われては落とされてしまうかもしれませんし、体力がある、元気があると思われた方がいいものです。

 

体力があるというような話、以前にこんなに力がいる仕事をやっていた、体力系の仕事の経験がある等があるといいですよね。
そういった直接的な体力のエピソードがないとしても、根性がある、気合があると思われるようなものもいいです。

 

別に体力には自信がなくてインドア派で勉強したいという人でも、勉強のために資金を貯めなければいけないので、引き下がるわけにはいかない、途中でやめるなんてありえないということが相手に伝われば、この人は長く働いてやってくれるとOKが出るものです。

 

 

最後は素直に、自分の言葉で

 

期間工の面接については、その内容的にはそんなに厳しい面接となることは考えにくいです。

 

ただ、体力があります、お金を稼ぎたいです、だけだとあまり他の人との差別化もできず、どんな人かがよくわからないということにもなります。

 

最後は自分の言葉で自由に話すことです。
自分自身の気持ちを正直に伝えて、それでNGであれば相性が悪いということで仕方がないということで、他のものを探せばいいと思います。
期間工も複数の種類がありますから、一つ落ちても心配になる必要はありません。

 

誠実な気持ち、素直な気持ちで受けてみてください。

 

期間工のおすすめランキングTOPへ

 

全ての期間工情報を見たい方はこちら
⇒期間工.jp