期間工ってきついの?実際のところは?

 

期間工と聞くととにかくきついイメージがあるという人も多いようです。
では、実際のところ本当に期間工はきついのでしょうか?

 

ネットを見るといろいろな情報が溢れていたりします。
〇〇はキツイ、〇〇はきつくないというような話も・・・。

 

実際にどこどこのメーカーはきつくて、どこどこのメーカーは楽なんてことはまず考えられません。

 

どこも工場であることには変わりありませんし、今の時代、どの工場も最適化されている状態で、どこかの工場だけの業務不可が異常に高いとかそういったことは考えにくいからです。

 

実際ベテランの人から見ても、どこが特別にきついというようなことはないようです。どこの職場もきついといえばきついし、そんなものだといえばそんなものなのかもしれません。

 

 

配属によるきつさの違いはあり

 

メーカーによるきつさの違いというのは考えにくいですが、配属によってきつい仕事とそうでない場合はあります。

 

ただ作業だけで肉体的負荷がないようなものもあれば、手が疲れる、動く等で疲れるようなものも出てきます。

 

これは選べるものではありませんし、ラインのどこに配属されるのかなんて本当にその時々の人の状況によるので運によるとしか言えません。

 

ただ、どこに配属されたからといって死ぬほどきついなんてことはありませんし、結局は慣れてしまうというところもあります。

 

最初は仕事も覚えなければいけないので、プレッシャーもあるし、体も出来上がっていないのできつさを感じるかもしれませんが、だんだん体も慣れますし仕事も慣れてきます。

 

仕事内容は基本的には一定のものになりますので、慣れてしまえば後はたしたことがないということにもなりますよね。

 

 

きつさは精神面という話もあり

 

期間工のきつさというとどうしても肉体的にきついのかと思いますが、慣れている人に言わせると実は肉体的ではなく精神的にきついという要素はあるようです。

 

せいぜい体がつらいなんてのは1〜3ヶ月くらいで慣れてきて、やることは同じですしたいしたことじゃなくなる。だけど、だんだんと飽きてきたりしてつらくなってくる。

 

こういうことはあるようです。
まあ期間工に限らず、これは仕事である以上、どこだって同じなのかなとは思います。

 

飲食店で働いたってバリエーションはあっても、基本的に同じことをしているというもの。ホワイトカラーだって、そんなに毎日に特別なものがあるわけではありません。
こういうきつさはどこでもあると考えていいでしょう。

 

 

期間工だから特別ではない

 

期間工だからといって、特別にきついということがあるわけではありません。どの仕事だってきついことはたくさんあります。

 

肉体的な面だけでいえば、期間工をやるよりも近場の倉庫作業等の方がもっときつい場合も多いかと思います。

 

期間工はどちらかというと肉体面のきつさよりは寮生活で工場にいなければいけないという拘束面があって給料が高くなっているところがあるかと考えられます。

 

中途半端な仕事をしてあまり稼げないくらいであれば、多少のきつさはあるにせよ、どこでも同じということで期間工を選んでもいいのではないでしょうか。

 

 

期間工のおすすめランキングTOPへ