ストイックにお金をためていきましょう

 

期間工にせっかく応募するのであれば目標はお金を貯めることですよね。

 

せっかく期間工に応募するのですから働いた分しっかりと貯金をしていきましょう。

 

この時期にあまり遊びまくってお金を使ってしまうというのは、本人の生活スタイルにもよるのでなんともいえないところもありますが、あまりおすすめするものではありません。

 

できればしっかりと稼ぐときは稼いで、遊ぶときは遊ぶというようにメリハリをつけていきたいですよね。

 

お金を稼ぎにきているんだという気持ちを忘れずにいることは必要だと思います。

 

期間工はお金を貯めやすい環境

 

期間工というのは自宅から離れて専用の寮に住むということもあり、お金を貯めやすい環境にあると思います。

 

今であれば、ほとんどの寮が無料となっていて、水道光熱費も無料かほとんどかからないというところが主流となっています。

 

一人暮らしで家賃が発生する家を残しているのであれば、お金は出ていってしまう部分もありますが、そうでなければ家賃分もため放題ということになります。

 

生活のランニングコストが圧倒的に安いというところは魅力です。
月の給料が28万円だとしても、そこに家賃・浮くランニングコスト等も考えた場合の給料も考えたらプラスで7〜8万円くらいのこうかがあるかもしれません。

 

そうすると実質月35万円以上。普通に生活していてこれだけの金額を貯められる仕事につくのは難しいものです。

 

そういう仕事は何らかのプレッシャーが高かったり、高度な仕事であったりといろいろとストレスフルな仕事であったり難易度が高くなってきます。

 

期間工も仕事が大変なことは間違いありませんが、それでもそこまでのレベルではありません。時間と場所を拘束されている分、それだけのプレミアがついている仕事であるといえるでしょう。

 

 

せっかくなので使わずに貯金を

 

期間工をやるのであれば、お金を貯めた状態で終えたいですよね。

 

そのためには無駄遣いをやめるということ。
特に寮費が基本無料ということであれば、家賃分については普通に生活していれば絶対に貯められるわけです。月4〜6万円ていどでもいいので、家賃分として使わずに貯金するということ。

 

また期間工で来ている間は派手な遊びを避けるということ。遊ぶなと言っているわけではありませんが、ギャンブルやお酒等で無駄遣いということは良くないですよね。

 

お金が貯まらなくてずっと期間工を続けていきたいのか、それともしっかりと貯めて次にやりたいことに進んでいくのか。
全ては自分次第です。

 

お金を稼ぎにきているということを意識して、しっかりと行動していきましょう。

 

 

期間工のおすすめランキングTOPへ